学校生活の長期休暇

学校の長期休暇の過ごし方


トップ » 学校の長期休暇の過ごし方

学校にある休暇の期間

学校には長期休暇があります。夏休み、冬休み、春休みです。夏休みは公立と私立とでは内容も変わってきます。私立の場合は、補習や講習があります。どちらにしても、一番長い休暇などで、友人たちと遊びに出かける計画や家族旅行に出かける子供も多くいるでしょう。冬休みは年末、年始を挟んだ期間の休暇なので、それぞれ過ごし方も変わってきます。家でゆっくりとお正月を過ごしたり、年始の挨拶の廻る家庭もあるでしょう。春休みは新学期に向けた期間です。入学に向けて準備をする場合や、新学期に向けて期待と不安が入り混じっている期間です。学校での長期休暇は、楽しみな期間でもあり、友達や家族とゆっくりできる時間でもあります。

長期休暇の様々な過ごし方

長期休暇は公立校であれば日数も同じですが、私立校の場合講習や補習を行なう学校もあるので、日数は違ってきますが、夏休み、冬休み、春休み、と休みは同じです。過ごし方は、受験生であれば塾に通うことが多くなります。他の場合は夏休みであれば海やプール、冬休みであればスキーやスノボー、春休みは入学準備や進学準備になります。長期休暇は友達と遊ぶ時間も多くなるので、いろいろと学校外で遊ぶ機会が多くなります。また家族で旅行に出かけたり、キャンプに行ったりと家族で楽しむ期間もあります。受験生は勉強中心の生活になりますが、他の子供たちにとっては、いろいろな場所にも行けるので楽しみでもあるでしょう。

HOME | SITEMAP

© Copyright 学校教育の国際化について. All rights reserved.